健康

パイナップルでダイエット ホント?それともウソ?

私がパイナップルの美味しさに気づいたのは約3年くらい前になります。3年前から毎日1/4のパイナップルを食べています。そして最近気づいたのですが3年前52kgあった体重が現在45kgです。これはパイナップルのおかげ??気になったのでパイナップにはどのような効能があるのか調べてみました。今度こそはダイエットを成功させたい!という方は是非参考にしてみてください。

パイナップルは5月~8月にかけて旬を迎えます。ブロメラインという酵素をはじめ、含まれる栄養からとても体に良いとされているフルーツです。

パイナップルダイエット?本当に効果はある?

パイナップルの栄養と体への5つの効果

パイナップルの主な成分は水分と炭水化物、そして果糖、食物繊維、ビタミン、カリウムです。その他に”ブロメライン”というタンパク質を分解するパイナップル特有の成分が含まれています。このブロメラインがいろんな効果を出しているようです。
それでは、パイナップルの栄養素が体にどんなよい作用をもたらすのか紹介していきましょう。

効果1:タンパク質の分解を助け代謝UP

ブロメラインは消化を助ける働きをしてくれる酵素。ブロメラインを摂取することで消化に使っていた体内のエネルギーを脂肪の燃焼などに効率よく使うことが出来る為ダイエットにつながるのです。

効果2:便秘解消

前述した腸内環境を整えるブロメラインの効果にプラスして、果物に豊富に含まれる食物繊維が腸を整え便秘を解消してくれます。

効果3:美肌効果

ビタミンB群やビタミンCはメラニンの生成を抑え、皮膚や粘膜の健康を維持するのに必要な成分といえます。また、セラミドという肌のバリア機能を整え、保湿を促す成分も多く含んでいます。(私も以前に比べてお肌の調子が驚くほど良くなりました。)

効果4:関節痛などの炎症を抑える

ブロメラインには炎症を抑える作用もあるため、アレルギーや関節炎などにも効果を発揮します。また、腸内環境を整える働きも腸内環境が良いと免疫力も上がるため健康のためにはとてもよい成分といえるでしょう。

効果5:高血圧の改善

パイナップルに限らず、果物の多くはカリウムを含みます。カリウムは余分なナトリウム(塩分)を体外に出す為、高血圧の原因の解消も期待できます。

パイナップルでダイエット

①朝食にパイナップルを食べる
②食べるタイミングは食前
③朝食後2時間はなるべく何も食べない
④常温  or  生のパイナップルを食べる
⑤パイナップルを食べた後の炭水化物摂取はNG

①朝は”排泄の時間”代謝を助ける成分の摂取は重要

朝、人間の体内では摂取した栄養成分の取捨選択をしています。その為消化や代謝を助けるブロメラインの摂取や余分な成分を排出するのに必要なカリウムなどの栄養素を補うことはとても重要だといえます。

②パイナップルを食べるタイミングは食前

消化酵素の効果を期待するなら食後のデザートとしてではなく食前に食べましょう。ブロメラインが体内で先回りして消化を助けてくれるのです。この時キウイやオレンジなどを一緒に取ると美肌効果UPにもなります。

③朝食後2時間は何も食べない

前述したように朝は体内環境を整えるためにとても大切な時間です。朝食後に更に食べものを取り入れることは消化器官にとって非常に負担にります。朝食後2時間程度は間食を避けましょう。

④生のパイナップルを食べる!缶詰はNG!

食べるなら生のものがベストです。缶詰のパイナップルは加熱してある為、熱に弱いブロメラインやビタミンの効果が減少してしまいます。とはいえ毎回皮を剥くのは難しいという方もいるかもしれません。手軽に食べるなら、スーパーやコンビニなどで売っている切られたパックのものでもOK。

⑤パイナップルを食べた後、炭水化物の摂取はNG!

パイナップルの栄養成分には炭水化物も含まれているので、朝食としての炭水化物は十分取れているということになります。
最近では炭水化物を抜くダイエット法が流行していますが、本来、炭水化物は人にとって重要なエネルギーなので必要以上に控えることは良くないのです。

私の場合はパイナップルに加えリンゴも毎日食べるように心がけています。リンゴは医者いらずともいわれるように私たちに必要な栄養素が豊富に含まれている果物。自分の体の健康は自分しか守ることが出来ないからこそ毎日食べる食事には気を付けています。ダイエットは、決して短期間で出来るものではありません。長期的に楽しく取り組むダイエットをすることが大切だと思います。毎日の生活に上手く取り入れ、無理のないダイエットライフを送って下さい!健康的にダイエットができますように。